なぜ今「メディア化」の時代なのか

なぜ今「メディア化」の時代なのか?
20世紀から21世紀へ、様々な「時代の変化」が起こっているからです。

誰もが効率を追求していた時代から、違う発想になっている人が周りにいませんか?
一極集中から分散へ。一方で、分業の発想からまるごと全体を意識する発想へ。

 

【消費の変化・生産の変化】

大量生産大量消費 ⇒ 少量多品種対応

 

【エネルギーの変化】

化石燃料、原発など大規模集中型 ⇒ 自然エネルギー、小規模分散型のエネルギー

 

【人口の変化】

人口増 ⇒ 人口減

 

【政治の変化】

東京一極集中 ⇒ 地方創生、それぞれ違ういいまちへ

 

【価値観の変化】

経済合理性、効率第一 ⇒ 心の豊かさ、個々違う豊かさ

 

【メディアの主役の変化】

マスメディア ⇒ ネットメディア

 

効率の追求からの解放。集中から分散。分業発想から全体発想へ・・・。

その流れは情報発信も例外ではありません。

マスコミしかなかった沢山の人への情報の流通が、
今では実に様々なルートと手法をとれるようになりました。

逆に言えば、有力メディアが特定できない時代です。
昔はマスコミのキーマンを知っていればよかったのがそうは行かなくなくなりました。
では、どうしたら良いのでしょう?

一番大事なのは、自身が自らのコミュニティにとって“いいメディアになる”こと。

つまり「メディア化」が必要な時代です。
メディア化とは」にも書きました通り、メディア化とは小手先のPR手法の変化のことではありません。商品・サービスの在り方そのものを、新しい発想で考えていくことです。
それは、「プロデュースの技術」。

必要な魅力を生み出し、また生み出し続ける環境を内部に育てていかなければなりません。もちろん可能です。

お気軽にご相談ください。トミタプロデュースがお手伝いさせて頂きます。

***

____お気軽にご感想やお問合せ 送ってください____

お名前 (必須)

社名・組織名

部署名・役職

メールアドレス (必須)

電話番号

題名 (必須)

メッセージ本文