プロフィール


富田 剛史(とみた つよし)

ユニークな発想とマーケティング戦略・経営視点とをあわせ持ち、
企業やまちを「番組」みたいに考えて、
ハッピーに持続可能な形にしていく専門家

tomita_prof2

トミタプロデュース 代表

メディア・プロデューサー
「メディア化」支援アドバイザー

生年月日:1964年8月26日

出生地:熊本市 育成地:横浜市
高校:横浜市立金沢高校(83年卒)
大学:東京都立大学経済学部(87年卒)

 

1987年、創業期の第二電電(現KDDI)に入社。日本初の携帯電話事業(現au)立上げや、戦略広報誌の企画・創刊などを行う。 1993年、ラジオ業界に転職し、番組やイベントやネット企画など様々な分野でプロデュース経験を積む。ラジオ以外にも、ローソン店内BGMの放送化推進や、日本初のケータイTV局で独自の制作スタイルを確立するなど従来にない発想で独自コンテンツを生み出す企画力・具現化力には定評があった。

t_logo_s
2008年、破たんした福岡のラジオ局の事業再生参加のオファーがあり、cross fmの営業担当取締役に就任。意気揚々と乗り込むも、営業経験が浅い当時の富田の考えは甘かった。元株主の地元大手企業は当然スポンサーを降り、そこにリーマンショックの追い打ち。資本金7500万円の新会社が3ヶ月連続で1000万円の赤字を出し、再破たんの危険に眠れぬ日々を送る。ここで富田は、自分の得意なやり方で営業するしかないと気づき企画力で勝負に出る。

t_logo_s
tomita_mクライアントの社長や社員を出演者にし、しかし構成や演出は妥協せず、聴く側の楽しさにこだわる独自番組の提案営業を仕掛ける。また、著名人ゲストに頼りがちだった行政イベントに、まち本来の面白さを主軸に、地元の魅力的な人をキャストにして、本当のにぎわいを作る企画を次々と実施する。

多くの営業に成功するとともに地元企業オーナーや表現者たちが番組やイベントの主役〜人気者になり、結果としてcross fmのブランドUPと長期安定的な収入を同時確保する形を実現。2009年から3期連続の黒字化に大きく貢献した。

t_logo_s
2012年7月 トミタプロデュース として独立。「番組みたいに考える」を合い言葉に、ユニークな企画力、マーケティング力と経営視点を持つ演出・制作力で、中小企業やお店、まちおこしでの「オウンドメディア戦略」のコンサルティングや、そのために必要な「プロデュース型人材」の育成研修にも力を注いでいる。

一般社団法人 日本女性起業家協会 理事
青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社 主管研究員
株式会社 アヴァンティ 社外取締役
トミタプロデュース株式会社 代表取締役

____ お問合せ ____

お名前 (必須)

社名・組織名

部署名・役職

メールアドレス (必須)

電話番号

題名 (必須)

メッセージ本文