9/19新潟市音楽文化会館ホールで三味線プレイヤーFumiyoshiさんのLIVEレコーディングのアフタートークに出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい三味線の形を追い求める津軽三味線奏者の史佳Fumiyoshiさん。

9/19に、新潟市音楽文化会館ホールで「糸際(いとぎわ)」と題してLIVEレコーディングを行います。

共鳴のいい音楽ホールの舞台でたった一人の三味線演奏を一発録音で収録する試み。
しかも当日は Fumiyoshiさん40歳の誕生日だとか。40台突入の記念すべき日の記念すべきLIVE。

今回、ありがたいことにそのライブレコーディングの舞台で、演奏後のアフタートークをさせていただくことになりました。三味線の生徒さんがたくさん来られているであろうこのホールで、三味線を弾いたこともないトミタがお話しを伺わせて頂くのは恐れ多いですが、せっかくのご指名ですので、まったく違う観点からFumiyoshiさんの三味線の魅力を少しでも引き出せればと思っています。

わたしはともかく、多くの方にこの記念すべき夜を目撃していただきたいなと思っています。

Translate »