トミタブログ

2年前、あの日僕が考えたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

震災は東北だけの話じゃない、といつも思う。

 

東日本大震災の被災者の苦しみは、もちろん凄まじいことに違いない。

今まで当たり前にあった大事なものが、ある日突然無くなってしまう空虚感。

 

でも、地震でもないのに、みんなその大事なものを、案外大事にしようとしない。

原発事故が無くても、自分の大事なまちがどんどん寂しくなっていくのはなぜか、

そのことは気にしない。

 

震災の直後、たくさんの有志たちが被災地に赴き、自分のできるを精一杯していた。

その時、僕は福岡におり、もちろん自分ができる何かを、東北のためにしたいと

思わないことは無かったが、僕は結局行かなかった。

 

そして、(ちょっと誤解を受けるかもしれないが)「いや、ここも同じだ」と思った。

大事な時間を奪われてしまった人たちを、できることで助けに行くのも大事だが、

<まだ失っていない大事な時間>があり、しかもそれに十分気づいてない人にこそ、

僕ができることがあるのではないか・・・・

まことに不遜な話に聴こえるかもしれないが、僕があの日考えたのはそういうことです。

 

日本中の、みんなそれぞれ美しい、誰かにとって世界で一番のまちに住む人たちは、

あの2年前の3.11の前日にいる。

もう遅すぎるかもしれないけど、まだ間に合うかもしれない。

少なくとも、今自分がいる場所を、一緒にいる人と、精一杯大事にして

過ごすことくらいはできるだろう。

そして僕は、そのお手伝いをしたいと思った。

自分が好きなまちが明日の被災地になる前にすべきことを。

 

だから、小倉では毎年3月第二日曜日を「ふたりの日」として祝います。

紫川という、みんなが大好きな川の春の始まりの1日を、本気で精一杯楽しみます。

FMラジオの特番のタイトルも「僕らの街の、いつもの時間」。

それこそが、世界で一番特別なものだから。



 

 

 

ところでこんどの日曜日、小倉のまちに「ESDステーション」なるものがオープン、

持続可能な開発のための教育を実践する場・・・ということで、

オープニングのフォーラムのプロデュースを僕が担当することになりました。

 

小難しいことはともかく、

「僕らの街の、いつもの時間」、それこそが、世界で一番特別なもの

ということを、みんながそれぞれ実感することが、

つまり持続可能な世界を作るキーなのだろうと思ってます。

 

3.17(日) 北九州商工会館で、午後1時から、

箭内道彦さんを迎えて公開セッションします。入場無料。先着300名。

ご興味あれば、来てください。もちろん僕も現場にいます。

 

★お詫びと訂正★

上記情報、箭内さんを迎えてのフォーラムは13時開演です。
14時と記していましたが、間違いです。お詫びの上訂正致します!

Translate »