トミタブログ

バーバーサロンをメディア化の観点で眺めてみれば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、福岡の理容師の皆さんの集まりで、

メディア化のメソッド セミナーをさせて頂きました。

 

会場は営業を終え、掃除も終えた福岡市南区のお店。

夜9時を回ると続々と理容師さんたちが集まってきました。

 

壁をスクリーンにして、ボクがお店の真ん中でお話しし、

周りをたくさんの理容師さんが取り囲むという現場感満点の会場でした。

まさにバーバー内セミナー。



 

 

 

 

 

 

 

 

スタートは、21時半〜。1.5Hのセミナーを終えると23時すぎ。



 

 

 

 

 

 

 

 

その後、質疑応答を若干行って、

理容業界にとってのメディア化についての話が、23時半ごろまで熱心に続きました。

 



 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後大名に移動して打上げ。

その場でも、あんなことができるんじゃないか、こんなこともできるのでは…と

ディスカスが続き、打上げ終了は午前三時。

いや、皆さん本当にタフで、仕事熱心で、この仕事を愛していることよく分かりました。

 

バーバーは本来の性質がサロンであり、とてもメディア的な場です。

今回のセミナーをきっかけに、ご参加頂いた皆さんがそれぞれのお店を

メディアとして捉え直して、いろいろな企画を練って行く参考になれたら嬉しいですし、

何か新たなプロジェクトをご一緒できそうな予感がします。

今後の展開が楽しみです。

 

Translate »